中学受験で社会科は志望校の過去問をチェックしていこう

中学受験をするにあたって、社会科の勉強というのはほぼ暗記と言われています。
どうしても暗記が多いですから、効率よく勉強していくことが大切になります。

効率よく勉強するというのは、言い換えると、良く出題されるところを中心に学習するということです。
出題頻度の高いところは自分たちが受験する志望校の過去問を見れば、大体傾向が掴めるでしょう。

塾の先生にアドバイス等を貰うのも一つの方法ですが、特に出題頻度の高いところに絞るのが鉄則であることを忘れてはなりません。
それぞれの中学によって、ある程度過去問の傾向があるはずですので、それをもとにして勉強する範囲を絞ったり、力の入れ具合を考慮すると良いでしょう。
社会科には暗記が多く単純に勉強出来る反面、中学受験の場合には範囲が結構広くなりがちですので注意が必要です。

地理、歴史、公民などを含むため、全部を完璧に極めるのは難しいでしょう。
他の科目の勉強時間が削られてしまわないように、ポイントを押さえた勉強をすることが大事になります。
中学受験において社会科を勉強する際には、勉強を始める前に過去問を分析するなどして、効率の良い勉強を目指して、最適な計画を立てて勉強していきましょう。